太陽光発電で電気代が下がる | 太陽光発電リースの教科書

HOME » 太陽光発電の教科書 » 太陽光発電で電気代が下がる

太陽光発電で電気代が下がる

太陽光発電システムを導入する事によって、電気代を下げる事ができます。
導入前には見積もりやシミュレーションなどで、電気代の節約についても計算するでしょう。
その際に聞く金額よりも、導入した後、実際に使用してみると電気代が大きく節約できていることに驚く方が多いです。
ただし、業者がおすすめする太陽光パネルだけで比較検討するのは得策とは言えません。


ソーラーパネルで生産した電力を電力会社へ売ることができますが、10kW未満となる家庭用の太陽光発電システムの場合は、10kW以上の産業用メガソーラーとは異なり、生産した電力の全てを売ることにはなりません。
太陽光発電システムで発電した電力は、家庭で生活する中で使用する電気でもあるのです。
家庭内で使用しなかった分の電力だけを、電力会社に売るという事になります。

太陽の光が当たり、太陽光発電システムが動いている日中は電気代が下がります。
また、太陽光発電システムを導入すると、節電する意識も生まれます。
発電した電力を使用する事で電気代の節約になりますが、使用しなかった電力は実際の電気代よりも高い値段で売ることができるのです。
そのため、電力を使用しないようにという意識が生まれます。
電力を使用するために電力会社から電気を買う場合、25円/kWhです。
しかし、電力会社に売る場合は26円/kWh、電力会社によっては28円/kWhになります。

一般的な家庭に太陽光発電システムを導入した場合、電気の使用料金は1カ月あたりおよそ3,500円になります。
太陽光発電システムを利用して電力の売買をする事で、電気代の節約になる理由は沢山あります。
発電によって節約できる、節約する意識が生まれる事によって電気代の節約につながる等、様々です。
詳細を計算して行くと、さらに電気代が下がるという事実が分かってくるでしょう。
シミュレーションを行う段階では、太陽光発電を導入した際のメリットを少なく計算します。
そのため、詳細の計算は行われないことも多いです。
これが、実際に太陽光発電システムを導入すると、導入前のシミュレーションよりも大きく電気代が下がると言われる理由なのです。