太陽光発電の教科書 Archives | 太陽光発電リースの教科書

HOME » 太陽光発電の教科書

太陽光発電の教科書

太陽光発電を比較相談する際のポイント

太陽光発電システムを購入する場合には、施工業者を比較し、相談する必要があります。
太陽光発電については、専門的な知識が必要になるためです。
素人がどれほど調べても、専門家のアドバイスや話を聞く事が必要になります。
基本的に、太陽光発電の見積もりを比較し、気になる業者に対して個別に相談をしましょう。
≫ 『太陽光発電を比較相談する際のポイント』

太陽光発電の工事業者を選ぶポイント

太陽光発電システムは、2009年に電力を買い取る価格が上がったため、導入する家庭も増えたのです。
そこから5年後の2014年の段階では、家庭用の太陽光発電システム設置数が150万戸を突破しました。
電力を売るという制度によって太陽光発電システムの設置工事を行う業者も増えたのです。
≫ 『太陽光発電の工事業者を選ぶポイント』

太陽光発電で電気代が下がる

太陽光発電システムを導入する事によって、電気代を下げる事ができます。
導入前には見積もりやシミュレーションなどで、電気代の節約についても計算するでしょう。
その際に聞く金額よりも、導入した後、実際に使用してみると電気代が大きく節約できていることに驚く方が多いです。
≫ 『太陽光発電で電気代が下がる』

ソーラー発電とオール電化の相性

ソーラー発電の導入を検討している家庭では、いくつかの施工業者や会社に相談をしているというケースも多いでしょう。
その中で、「ソーラー発電とオール電化のセットが良い」という話を聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。
実際に、ソーラー発電とオール電化は相性が良い商品です。
しかし、ソーラー発電を導入したいとしても、オール電化にする必要がない場合もあります。
ソーラー発電とオール電化を同時に導入することを検討するケースが多いようですが、これらは別の性質を持つ商品です。
≫ 『ソーラー発電とオール電化の相性』

太陽光発電を設置するメリットと比較

太陽光発電の設置には様々なメリットがあります。
それぞれのメリットを比較してみましょう。
太陽光発電を利用するメリットは、家庭で発電をした電気を使用できるという点です。
最も電力を使用する時間帯に電気を購入せずに生活できます。
通常の電力を使用した場合と比較をすると、節約にもなるでしょう。
≫ 『太陽光発電を設置するメリットと比較』

太陽光発電パネルの設置方法

太陽光発電では、ソーラーパネルを使用して発電するシステムです。
そのソーラーパネルに使用される素材は、大きく分けて2種類、そこからさらに分かれて5種類に分類されます。
まずはシリコン系と化合物系に分けれらます。
シリコンは単結晶、多結晶、アモルファスに分かれ、化合物系も単結晶と多結晶に分られるのです。
≫ 『太陽光発電パネルの設置方法』

太陽光発電とは

太陽光発電とは、太陽電池と太陽の光を利用した発電システムです。
太陽の光エネルギーを電力へと変える発電方法です。
まず、太陽電池が並べて作ったソーラーパネルを、広い土地や住宅の屋根に設置します。
ソーラーパネルは、太陽の光をエネルギーへと変換し、家庭でも電気として使用できる電力に変えるのです。
太陽光発電システムはソーラーパネルを利用するため、ソーラー発電ともいわれています。
太陽光発電システム、ソーラー発電はどちらも同じシステムのことです。
≫ 『太陽光発電とは』