ソーラー発電とオール電化の相性 | 太陽光発電リースの教科書

HOME » 太陽光発電の教科書 » ソーラー発電とオール電化の相性

ソーラー発電とオール電化の相性

ソーラー発電の導入を検討している家庭では、いくつかの施工業者や会社に相談をしているというケースも多いでしょう。
その中で、「ソーラー発電とオール電化のセットが良い」という話を聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。
実際に、ソーラー発電とオール電化は相性が良い商品です。
しかし、ソーラー発電を導入したいとしても、オール電化にする必要がない場合もあります。
ソーラー発電とオール電化を同時に導入することを検討するケースが多いようですが、これらは別の性質を持つ商品です。

ソーラー発電とオール電化は性質が異なります。
ソーラー発電は電気の使用料を下げる、オール電化はガスの使用料を下げるものです。
オール電化にすることで、ほとんどの場合、光熱費が節約できます。
しかし、オール電化を導入する場合には高額な初期費用が掛かるため、月々の光熱費が少し節約できる程度では損をします。
もともとガス代が5,000円程度の家庭では、オール電化にすることで損をするといえるでしょう。
火を使用しなくなるため、災害時に安全というメリットはあります。
ガス代の節約以外のメリットに魅力的な部分がある場合は、導入しても良いでしょう。

ソーラー発電とは、住宅の屋根にソーラーパネルを取り付け、太陽の光で発電する方法です。
生産した電力は自宅で使用するほか、使用しなかった分の電力は電力会社に買い取って貰う事もできます。
電力は極力使用せず、電力会社に買い取って貰う事がポイント。
電力を買うよりも、売った際の値段は1.5倍程になるためです。

光熱費を節約するという点で見ると、ソーラー発電とオール電化は相性が良いともいえます。
合わせる事で、光熱費を大きく節約する事に繋がるでしょう。
合わせて導入する場合には、節約できる金額、導入費用の計算などが難しくなります。
そのため、具体的な数字を示さずにメリットだけを主張して契約させるといった悪質な業者には注意が必要です。