太陽光発電とは | 太陽光発電リースの教科書

HOME » 太陽光発電の教科書 » 太陽光発電とは

太陽光発電とは

太陽光発電とは、太陽電池と太陽の光を利用した発電システムです。
太陽の光エネルギーを電力へと変える発電方法です。
まず、太陽電池が並べて作ったソーラーパネルを、広い土地や住宅の屋根に設置します。
ソーラーパネルは、太陽の光をエネルギーへと変換し、家庭でも電気として使用できる電力に変えるのです。
太陽光発電システムはソーラーパネルを利用するため、ソーラー発電ともいわれています。
太陽光発電システム、ソーラー発電はどちらも同じシステムのことです。

太陽光発電は太陽光発電ログで格安一括見積もりするのがおすすめです


太陽光発電とは太陽電池を沢山並べて製造されたソーラーパネルを使用して電力を生産するという、非常にシンプルなシステムです。
水力・風力発電などと同様に、再生可能エネルギーを使用して電力を生産するため、環境を守るという意味でもメリットの多いシステムであるといえるでしょう。
一般的な住居の屋根に設置できるため、家庭でも気軽に導入できます。
家庭に導入する場合、電気代の節電ができる点や、使用しなかった電力を電力会社に買い取って貰う事ができるといったメリットもあるのです。
太陽光発電システムを広めるための、地方自治体と国からの補助金制度も注目されています。

電力を生産する際に発生する温室効果ガスは、地球温暖化の原因になります。
環境に優しい発電システムであり、家庭の電気代を節約するといったメリットはありますが、当然デメリットもあるのです。
太陽光発電システムを導入するためには、家庭用であっても100万円以上の初期投資が必要であり、さらに、太陽の光がなければ発電できないため、天候で発電できる電力量も変化します。
ソーラーパネル自体の値段が高額であり、設置をする工事にも費用が掛かります。
また、住宅の屋根に設置する場合には屋根に負担がかかるため、老朽化が気になる建物には設置できない可能性もあるでしょう。
太陽光発電とは、初期投資費用は電力を売ることで回収して行きますが、100%の回収できる保証はないという点にも注意が必要です。